男性

リアップは育毛業界の寵児~副作用を知った上で利用しよう~

生活である問題

薄毛

大都市大阪ではたくさんもの方がAGAで悩みやコンプレックスを持っています。しかしながら悩んでいるだけでなかなか専門の医院などにいかれる方は少ないと思います。いちにちでも早く大阪にある専門のAGA治療を受けることをお勧めします。

薄毛を解決へ

育毛

現生人類の体毛は少なくなりましたが、依然として頭髪は大量にあります。しかし、薄毛になることも多く、M字ハゲとして進行する事例も珍しくありません。対策を講じなければ進行する一方ですが、実施すれば改善することができます。

お店で買える薄毛治療薬

薄毛

処方箋は不要

主として中年期以降の男性に見られる、頭頂部や額の生え際などにおいて抜け毛が進行し、毛が薄くなる現象を男性型脱毛症といいます。この男性型脱毛症ですが、「症」という文字が示す通り現在では医療の対象になっており、医薬品も処方されています。その一方で、医師の処方箋なしでも利用できるとして人気を呼んでいる薬もあります。それがリアップです。リアップは1999年に一般用医薬品、いわゆる大衆薬として発売されました。その後、女性の脱毛症にも効果が認められるとして女性用リアップが、さらに2005年には有効成分の含有割合をそれまでの5倍に増加させた新製品が発売されました。いずれも薬局やドラッグストアで購入することが可能です。

併用による相乗効果も

リアップの有効成分はミノキシジルという薬品です。ミノキシジルには血管拡張作用があり、これが毛根を活性化させ、発毛を促すと言われています。リアップは外用薬であり、頭部の気になる箇所に直接塗布して使用します。深刻な副作用の心配はありませんが、頭皮のかゆみやニキビなどの副作用が報告されています。副作用の発現率は10パーセント以下です。まれに手足のむくみやしびれ、不整脈などの副作用リスクがあるとされています。ミノキシジルは国の正式な承認を受けた医薬品です。男性型脱毛症に関する治療薬としては、他にフィナステリドという薬があります。こちらは男性専用でしかも処方箋がないと入手できませんが、併用することでリアップの効果を高めることができると言われています。

発毛は非常に難しいです

笑顔

発毛剤・育毛剤は多くつけたからといって、早く効果が出るわけではないので、正しい用量で使うことを心掛けることが大切です。場合によっては、入れ物を移し替えたりしながら、自分の生活費の負担にならないように使っていくことが良いでしょう。